TOP > マレーシア(マブール・カパライ・シパダン) > 現地情報(シパダン):2002年10月

 これは2002年の時のものですが、シパダンのすべてのホテルは2004年をもって営業を終了しシパダンステイは出来なくなりました。
 これからはマブール他周辺の島から通うことになりますが、自然の再生を期待したいものです。

シパダン島のジャングルの中には大トカゲが・・・
* Sipadan Island  *


シパダンの地図黄色い丸がシパダン
黄緑:マレーシア
緑:インドネシア
シパダン島:島のほとんどがジャングル ボルネオ島北部マレーシアのシパダン島といってもダイビングをしない人にとってはなじみの無いところですが、この周囲歩いて30分ほどの小さな島がダイバーにとってはたくさんのカメとともによく知られたところです。
噂に違わずシパダンの海はとても魅力的なところでした。
PULAU SIPADAN RESORT、左の小屋はボルネオ・ダイバーズのシャワー設備と機材室 シパダン島にはホテル?が5件あります。
私達のホテルはドロップオフが目前のPULAU SIPADAN RESORT。
シャワーはちょっとしょっぱいけど、立地条件はナイス。
他にマブール島や近くの島から通う手もあり、マブール島は水上コテージがとても良いそうです。


PULAU SIPADAN RESORT
シパダン島のヤシガニ

夕焼け お部屋のテラスから見上げると・・ ホテル前ビーチ
食事風景 当りのお部屋 ボート出航!
干潮のときはビーチを少し歩き、満潮時にはホテル前までボートが着きます。
満潮時には水上コテージになる建物も・・。

食事
中華料理が多く、マグロのお刺身も出て美味しかったです。
日本人のスタッフはいませんが、日本語の解るスタッフがいました。
部屋は同じ金額でも当りはずれがあります。
ご主人様の部屋とメードの部屋位の違い、私の部屋のランクはメードの部屋、でもテラスは木陰で良かった!

下の三枚の写真は川畑さん撮影。


DIVING
コバンザメを背負ったアオウミガメ

シパダンのダイビングはボート3本が基本。、その他タンクを借りて無制限ダイビングができます。
私は着いた日に2本、翌日から4本×3日、最終日に3本と17本潜りました。
ポイントが近いことと海がとても穏やかなことがとても幸いでした。
タンクを借りて、目の前のドロップオフでは時間や深さによって様々なものを見ることが出来ます。
ボルネオダイバーズのレストラン?下にはツバメウオの幼魚やギンガメアジの群れがたくさん
深いところではサメやカメ、タカサゴの大群クダゴンベやニチリンダテハゼ、アケボノハゼ
ナイトダイビングでは岩の窪みに休んでいるカンムリダイやカニ類。
とにかくドッロップオフはスゴイ、深さは最大-600mもあるそうです。

バラクーダポイントも凄いところでした。
シパダンのバラクーダは個体が大きくて、その大群は迫力ある光景です。
ギンガメアジの大群もあちこちから現れて向こうが見えなくなってしまいます。
ツバメウオもあんなに群れているのは初めてみました。

もちろんカメも。あっちにもこっちにもカメ、カメ、カメです。
カメは卵をとって人工的に保護し、小亀を海に返していました。

ポリスも島を護っていて、今は安全のようです。