TOP > インドネシア> ラジャアンパッドクルーズ 現地情報(2015年03月)

* Raja ampat *

ラジャアンパッド地図

★行程
全行程10日間。
ラジャアンパッドクルーズの発着港ソロンまでは羽田からジャカルタまで行き、その後国内線を2つ乗り継いで
入ります。

ガルーダインドネシア航空にて羽田発11:45、ジャカルタ着17:40、国内線を乗り継いでソロン着は翌日の6:30の長旅です。
ジャカルタでインドネシアのビザを取得(US$35)

ジャカルタの空港で今回お世話になるediveのスタッフと合流。
ソロンからマーメード2号に乗船し7泊8日のクルージング

帰路
ソロン発14:35、ジャカルタ着18:40
ジャカルタ発23:15、翌朝8:50羽田着

★ダイビング
乗船2日目から6日間で23本。
下船日以外はウォーキングシャーク狙いで毎日ナイトダイビング。
流れのあるポイントもあり、カレントフック、指し棒は必須。
目玉ポイントのひとつ、汽水域のポイントにワニが出没して、潜れず残念!


★その他
ソロンは時差なし

インドネシア航空の機内預け荷物の重量は国際線は
30キロまでなので余裕がありますが国内線は注意!
他にダイビング器材は23キロまで無料。
今回はソロンまでスルーとして、国際線の規定が適用されました。
羽田で日にちをまたぐときはダメと言われましたが、事前にOKをとってあったので問題はありませんでした。(宛先は要注意)

旅行社はクラブアズール、アレンジはeDiveを利用しました。



Sorong
クルーズ船の発着地

ソロン空港 朝の風景 ソロン港
ソロン空港を出たところ
右奥数件のお店
朝の風景 ソロン港
ソロン港、ゴムボート ソロン港、マーメイドU号 お帰りソロン港
桟橋からゴムボートに乗り母船へ ソロン港沖、マーメードU号(左) 帰り:もうすぐ桟橋



DIVING(マーメードU号)

スタッフのお出迎え ブリーフィング:英語 お疲れ様・・
この他にボートクルーもたくさんでした

基本ダイビング本数は1日4本
早朝1本、朝食後1本、昼食後1本、ナイト1本
ナイトダイビングはウォーキングシャーク狙いです。
歩くサメを見たら止めようと思っていたナイトダイビング、なかなか止められませんでした。




ラジャアンパッドエリアの二つの島に上陸

1つは上まで上ると近くの島が見渡せる絶景ポイント
ここから山を登ります
板で展望台や道が出来ていました
上から見た島々
左側がスターラグーン
親子がヤシの実を売りに来ていたが
営業らしい営業はしていなかった

もうひとつの島は人が暮らしている島
小さな島 桟橋:島の玄関
この下にウォーキングシャークが・・
島の地図
島の中心にある教会 子供たちが踊りで歓迎してくれました お父さんが柵を作成中
パンの木
下に井戸があって配管もありました
パンの木の実
揚げたおやつが美味でした
島にホームステイするところがあった!




海の写真は水中写真ページをご覧ください。