TOP >パプアニューギニア> トゥフィ現地情報(2017年1月)

*Papua New Guinea(Tufi)*

日本から南へ飛行機で約6時間、パプアニューギニアは、世界で2番目に大きなニューギニア島の東半分を含む約600の島々からなり( 西半分はインドネシア)、日本の約1.2倍の広さをもっていて、本島の中央には4000m級の山も・・。
すぐ南はオーストラリア

日本との時差は1時間

気候は熱帯モンスーン気候、ダイビングは北側のマダン、ワリンディでは乾期の5〜11月頃の海況が良く、南側のトゥフィ、アロタウは貿易風の影響が少ない10〜5月頃の海況が良いとされている。
首都ポートモレスビー国内線
ポートモレスビー
国内線受付カウンター



パプアニューギニアへはビザが必要で、日本でビザを取得して出かけました。
国際線は2016年から週2便になりましたが、飛行機は新しいものの席数も少なく、足元も狭くとても窮屈でした。
到着後、ポートモレスビー空港で両替、1週間滞在リゾート以外の費用として2,000円〜3,000円を現地通貨キナに両替しました。(1キナはおおよそ35円)
日本からパプアニューギニアまでのニューギニア空港の預け荷物は25キロ、ダイバーはプラス15キロまで無料

首都ポートモレスビーからアクセスが悪くトラブルがありました。
ビザを取得していたにも関わらず国際線空港から出るのに手間取り、目的の飛行機に乗れず、チャーター機で現地に入ることになりました。
この問題は手配、対応にも問題があったとのことで私たちの追加料金なしとなりましたが、要注意です!
下の写真はトゥフィ空港の写真 左:上空から 中:チャーター機 右:空港待合室
Tufi滑走路上空から チャーター機 Tufi空港待合室




Tufi Resort
空港近くのトゥフィ・リゾート、高台にあって眺めが良い
電機は240V、コンセントハの字二股
シワコブサイチョウ 真中にあるプール 高台レストラン
お出迎えはシワコブサイチョウ 真中にあるプール 海を眺めて、高台レストラン
シンシンダンス リゾート入口から見た朝日 大きなロブスター
シンシンダンス リゾート入口から見た朝日 大きなロブスター
食事はいつもボリュームたっぷり



Diving

ダイビングは午前2本午後1本、間にボート上でランチ
ボートはダイビングが終了するまで帰りません。(2本の日はリゾートで食事)
時間に制限はありますが、ハウスリーフでワーフダイビングも・・、いろんなマクロ生物が楽しめます。

リゾートからダイビングショップまでは高低差があるので車で送迎

気温30度前後、水温30度くらい、透明度は20〜30mでした
透明度が良く、サンゴも綺麗、特に浅いところに魚がのんびりと固まっている、不思議・

ダイビングボート ボート係留場 ダイビング、ブリーフィング
ダイビングボート
シートが左右横並び、トイレも有り
タンク、エントリーともに後方
桟橋の反対側
右上がリゾート
ブリーフィング
さかないっぱいね!

水中写真はこちら


Market & VillageTour


ダイビングショップのある港に、外から運ばれてくる荷物の倉庫やささやかなマーケットがありました。
港の倉庫でテニスの中継を見ている若者たちを見て
若者たちの関心は同じようだと妙に納得!

最終日に海路から川を上りビレッジツアーにも行きましたが、
観光客用のセレモニーで1000人ほどが暮らしているという実際の生活は見られませんでした。


パプア、ローカルボート パプアニューギニア、ローカルボート ローカルボート
港の脇には現地の人が舟で来て
マーケットを開いていた
ローカルボート
ヤシの木をくりぬいて作る
子供がボートの練習?
芋類や調理用バナナ 魚が鉄板で焼かれていた ビートルナッツとマスタードの茎
芋類や調理用バナナ 魚が鉄板で焼かれていた ビートルナッツとマスタードの茎
石灰と食べると口が赤くなる
気持ちが良くなるらしい・・
ローカルタクシー 村の最初の関門 シンシンダンス
こんなローカルタクシーで川を上る 村の最初の関門
敵か友達か聞かれる
友達はシンシンダンスで歓迎!