TOP >パプアニューギニア> 現地情報(2016年9月)

*Papua New Guinea(Walindi)*

パプアニューギニアの地図 日本から南へ飛行機で約6時間、パプアニューギニアは、世界で2番目に大きなニューギニア島の東半分を含む約600の島々からなり( 西半分はインドネシア)、日本の約1.2倍の広さをもっていて、本島の中央には4000m級の山も・・。
すぐ南はオーストラリア
。 日本との時差は1時間

気候は熱帯モンスーン気候、雨季(11月〜4月)と乾季(5月〜10月)に大別されます。
私たちの訪れたのは9月の乾期でしたが、夜には雨が降ったり、昼は30度、朝方は25度と一日の中でも変化がありました。
ポートモレスビー国内船空港内の絵



パプアニューギニアへはビザが必要です。
今回は効率よく日本でビザを取得して出かけました。

国際線は2016年から週2便になりましたが、飛行機は新しいものの席数も少なく、足元も狭くとても窮屈でした。

到着後、ポートモレスビー空港で両替、1週間滞在リゾート以外の費用として2,000円〜5,000円を現地通貨キナに両替しました。(1キナはおおよそ35円)

日本からパプアニューギニアまでのニューギニア空港の預け荷物は25キロ、ダイバーはプラス15キロまで無料
国内航空
首都ポートモレスビーから国内線(プロペラ機)でホスキンス(キンベ)へ約4時間、
さらにリゾートまでは北西へ車で1時間半



Walindi Plantation Resort
私たちが滞在したのはホスキンス空港から車で1時間30分
キンベ湾の西に位置するワリンディ・プランテーション・リゾート

電機は240V、コンセントハの字二股
リゾートにはこんな大木がいっぱい 真中にある小プール
左バー、右レストラン
フロント
左に見えるのが宿泊したバンガロー ベッド、いろんなタイプがあります リゾート前ビーチ
小学生のシンシンダンス
リゾートにて
リゾート近く
木に止まるホタル
リゾート内で
バナナやパパイヤが売られていました



Diving

ダイビングは午前2本午後1本、間にボート上でランチ
ボートはダイビングが終了するまで帰りません。
気温30度前後(朝は25度)、水温30度くらい、透明度は20〜30mでした

ダイビングボート停泊場所
左は器材置き場
昼食後休憩のため上陸した島から
ダイビングボートを臨む
移動中イルカがたくさん見られました

水中写真はこちら


Kimbe Market

最終日、キンベのローカルマーケットへ、いろんなものが売られていましたが、物価は思ったより高い

町では大きな樹の影にたくさんの人がいました。
休みかと思ったら毎日が日曜日の人が多いとのことでした
こんなヤシプランテーションの間を抜けて
キンベの町へ
キンベのローカルマーケット
ちょっと気を付けて!
さかなやさん
ガーリップ?が入っている
ガーリックに似ているけど木の実
いろんな野菜が売られていました スイカなど
1つ25キナ(900円)高い!
タバコの葉
下のように紙に巻いて使う
色鮮やかな布地 こんなバッグも・・
確かに丈夫そう