TOP >パプアニューギニア> 現地情報(2005年11月)

*Papua New Guinea(Madang)*

ポートモレスビーのホテル内にあったやし 日本から南へ飛行機で6時間20分、パプアニューギニアは、世界で2番目に大きなニューギニア島の東半分を含む約600の島々からなり( 西半分はインドネシア)、日本の約1.2倍の広さをもっていて、本島の中央には4000m級の山も・・。
すぐ南はオーストラリア
。 日本との時差は1時間
歴史は深いものの、今年独立30年をお祝いをしたばかり。

気候は熱帯モンスーン気候で、雨季(11月〜4月)と乾季(5月〜10月)に大別されます。
私たちの訪れた11月も雨季の始まりだったせいか夜には雷付き大雨も降り、そのせいか透明度がいまいちでした。
パプアニューギニアの地図



ポートモレスビー国際空港の出口の壁 空港の出口前
ここでビザを取得するため約2時間並びました。(覚悟はしていたものの、担当者が途中交代のときも他の列に並べられたりして右往左往、日本では考えられない効率の悪さ。)費用は4000円
ちなみに日本で三田のパプアニューギニア大使館で取得した場合は2000円
お近くにお住まいの方は日本で取得したほうが良いでしょう!
両替はここを抜けたところでまた並ばなければなりません。
飛行機は週1便のためほとんどの人が1週間滞在となりますが、私たちは食事付きなので飲み物代、お土産代として5,000円〜10,000円を現地通貨キナに両替しました。(1キナはおおよそ40円)
日本からパプアニューギニアまでのニューギニア空港の預け荷物はダイバーは30キロまで無料でした。手荷物は7キロまででチェックは窓口による
国内線飛行機 国内航空
この飛行機でポートモレスビーからマダンまで約1時間。



Madang Resort
私たちが滞在したのはマダン空港からバスで10分のマダンリゾート。
大きな敷地を持った海に面したリゾート
です。。
ホテル内の大木 ホテル前のオブジェ ホテル内のプール
リゾート内の大木 エントランス前のオブジェ 真水と海水の混ざったプール、右は客室
むこうは海
孔雀のようなハト 客室 夕食のレストラン
エントランス前にいた孔雀のようなハト 私の泊まった部屋は右側
いろんなタイプの部屋がありました。
夜のレストラン



Diving

マダンのダイビングは午前2本、お弁当(サンドイッチやハンバーガー&水)後午後1本、3本×4日間=12本。
私たちはナイトはしませんでしたが、夜光虫もイッパイで良かったそうです。

気温30度前後(朝夕は少し涼しくなる)、水温28度くらい、透明度は雨季に入ったせいか3〜15mでした
8〜9月が透明度も良く、サカナももっといっぱい見えるそうです。
ただ8月は季節風が吹いて船が揺れることが多く、8、9月は流れもあるとのことでした。
昼食後ガイドのスキータ、やよいさんと
ガイドのスキータ、やよいさんと・・
ダイビングボート 昼食の島 沈潜ポイント
ダイビングボート
皆は昼食のため島に上陸中
昼食のため上陸した公園のような島
最終日にバーベキューもここでしました。
海中に沈潜があります。
滋賀県慰霊団の方たちが捧げたお花が
浮かんでいました。



Village Tour

1.市場でお買い物、やよいさんが昼食の材料も仕入れました。
市場 市場で買ったイモ類他 市場で買った野菜類他 市場で買ったフルーツ他
市場でバッグを買いました。
パプアの人は男女の差なく皆持っていて便利
手前の長いのはタピオカ
サツマイモ似のカウカウ
一番奥がアイビカ
茎に粘り気があります。
長めのポポマンゴは
やよいさんお勧め
バナナは調理用。
市場で売っていたタピオカをバナナの皮に包んで
蒸した?ものも美味でした。
昼食の材料を市場で調達。このほかに骨付き鶏肉とココナツ。
撮影はお昼を戴いた村で、敷物はヤシの葉っぱを編んだもの。



2.とてもきれいな蝶(マダンクイーン、トラディッショナル)を見に農家へ、蝶の撮影は失敗
バニラビーンズ:タヒチ そこでバニラビーンズの栽培も見学。
バニラビーンズは蘭科の植物で、木の下に絡ませるように栽培されていました。
タヒチとマダガスカルという品種が栽培されていてマダガスカルの方が大きく高価。
パプアニューギニアのバニラビーンズはソフトタイプ。
お菓子作りはもちろんコーヒーに入れてもよく、お土産に最適!
左の写真はタヒチ。



3. 持参した材料で昼食を作って戴く村へ・・(昼食の準備の間もう一つの村を訪問しましたが省略)
昼食作りは時間がかかってお腹がすいていたので撮影を忘れていました。
お味は薄味ながら鶏肉のスープとココナツミルクでとても美味でした。
特にタピオカはナガイモのようにポクッとしていて、アイビカのヌメリ感もココナツミルクのスープと混ざっておいしかったですよ!
前にニューカレドニアのリフー島で食べたバナナの皮に包んだお料理と似ていましたが
こちらの方が野菜が豊富でおいしかったです。(やよいさんの材料選びが良かった?)
デザートは毎食南国フルーツでしたが何回食べても飽きないおいしさ。

食後はパプアニューギニアならではのシンシンダンスを見学。
ここのシンシンダンスは国の偉い方の前でも披露されることがあるそうです。
一番の長老の衣装は一番立派なものでした。
予定2時間オーバーで村を後にしました。
シンシンダンス シンシンダンス 村の子供たち
シンシンダンス シンシンダンス 村の子供たち:笑顔がかわいい