TOP < 沖縄 < 沖縄(本島ステイ ダイビング:慶良間、チービシ(神山)、砂辺ビーチ、粟国)



2006年10月(28〜11月1日:ダイビングは29、30、31)
2007年10月(16〜20日、ダイビングは16、17、18、19)
2008年08月 本部ファイブオーシャンに行きましたが情報は掲載していません。
2010年05月(8〜11日、ダイビングは8〜10)
2006年
一ヶ月前にダイビングを計画したので、ダイビングをしない主人が休暇をかねて?付き合ってくれることになりました。
出発前日までの天気予報は晴れマークが並んでいたのに、当日朝には「フィリピン沖で台風発生」、またいやな予感が・・・。
私と主人はサハラ砂漠にも雨を降らせた?コンビなのです。
予報は的中し、全国的に晴れマークが並んでいる中、前線の影響で沖縄と北海道だけハッキリしない天気。
めげそうになりましたが、荒海にもまけず慶良間にも船出して計8本(ケラマは3本)も潜ってきました。(但しポイントは静かでした。)
最終日はかねてから行って行きたいと思っていた「美ら海水族館」に沖縄在住の主人の知人夫婦にご案内いただきました。
私がダイビングしていた間、主人は一日目は「首里の行列まつり」見物でした。(写真は主人撮影、行列は国際通り)
首里城行列祭り1 首里城行列祭り2 首里城行列祭り3

2007年

昨年の沖縄のショップ:コーラルのきめ細やかなダイビングでゆっくり写真が撮れたのに気を良くし、今年も友達を誘って出かけました。
今年も海峡は少し波立っていましたが、海の中は透明度も良く、沖縄の海が楽しめました
帰りにはモノレールに乗って久しぶりに首里城見学して来ました。
首里城、石畳 首里城、石垣 首里城 首里城

2010年

5月の連休明けは早くも梅雨入りし、雨続きでした。
水中から雨の水面を撮影
水中から水面を見上げると・・

観光はなし。

1.宿泊
2006年
今回はダイビングをしない主人と一緒だったので、ちょっと良いホテルにとダイバーには贅沢な泊港にある「沖縄かしゆりアーバンリゾート・ナハ(とまりん)」を申し込みましたが、土日は取れずに、船員会館前のピースランド」に2泊沖縄かしゆりアーバンリゾート・ナハ」に2泊ということに・・。
ピースランド」はビジネスホテル、ダイバーが結構宿泊しているように思われました。(ネット環境あり)
沖縄かしゆりアーバンリゾート・ナハ」はツアー指定ホテルのうち1泊5000円プラスのホテル、特別豪華というわけではありませんがちょっと格が違い、普通の観光ツアーの客が多く宿泊していました。
どちらも泊港が目前なので他の島にいくのにはとても便利な地の利です。
コーラルの蓮尾さんによるとダイバーには、「簡保の宿」はベランダもあるし、安いのでお勧めだそうです。
2007年
船員会館の個室にしました。
船員会館は普通の人でも個室に3,500円で宿泊できます。
港も近いし、国際通りにも歩こうと思ったら15分くらいで行くことができて便利、いろいろ楽しめます。
もちろんダイビングはコーラルの車が送迎してくれます。
2010年
コーラルはすおさんのお勧めにより、東横イン那覇旭橋駅前店の個室にしました。
朝食バイキングがついて一泊約5000円はお得!(和洋食)
部屋も設備も値段のわりに、かなり充実しています。(ネット環境等)
ただ従業員はギリギリでまわしている感じでした。
空港からモノレールで約10分、夕食も近くにいろいろお店もあって不自由なく、ちょっと足を延ばせば国際通りまでも歩いて行けて便利
 
2.ダイビング
2006年
ダイビングを日、月、火としたのが幸いして、お世話になったダイブスタジオコーラルのお客さんは帰ったばかり。
3日間、私一人に二人のガイドが付いてくれるという、かって経験したことのない贅沢ダイビング。
しかもガイドはカメラ派としては相当な腕の持ち主です。
コーラルのお二人とは6年ぶりの再会でした。

1日目は迷いましたが、荒れた海を慶良間まで1時間半ほどかけて行きました。
阿嘉島近くのポイントは道中を感じさせない静かで慶良間らしい海でした。
2日目はこの日も海が荒れていたので近くのチービシへ。400DIVE、コーラルの中野さんと
また慶良間とは違った海で大物(ホワイトチップ)小物を、1本目はワイド、2本目はマクロというように楽しみました。
3日目は静かな本島のビーチ(砂辺)でゆっくり小物撮影を楽しみました。
小物は特にコーラルのはすおさんの得意なところです。
いろいろ勉強になりました。

2日目に400DIVEとなりました。
2007年
今年は早朝集発なので、出発日午後からダイビングできました。
ショップダイブスタジオコーラルに空港からタクシーで直行すると、はすおさん、なかのさんが待っていてくれました。
今回も平日を選んだ私たち2名に2人付いていただき、贅沢ダイビング。
1日目はチービシ、2日目はケラマ、3日目は本島ビーチ(砂辺)、4日はまたケラマ計10本潜りました。
また、少し風があり、ケラマまでの行程は船の中で横になっていましたが、渡嘉敷の海は透明度30m、白い砂に青い海のケラマらしい美しい風景がありました。
ケラマの美しい海に珍しいウミヘビの捕食風景、絵になりました。
またまたコーラルの蓮尾さんの撮影&ダイビング指導あり。

ハゼへのアプローチはもっと時間をかけて、群れへは直行しないように(気をつけているつもりなんだけど・・・)他、いろいろ教えていただきました。
2010年
今回は4、5、6月限定、本島泊港から1時間半、粟国島のギンガメを見に行くことが第一目的
この時期だけ深いところからギンガメが上がってくるのだそうです。
連休明けの沖縄は梅雨入りし、雨続きでしたが、メインの粟国遠征でのギンガメのときだけ晴れて好条件で大群にも会えラッキーでした。
粟国(アグニ)への本島からのボートは週一回土曜日、そのために金曜から出かけました。
港を出たとたん揺れて、まずいと思いずっと寝ていたのですが、1時間半の行程は酔い止めを飲んでも目的地に着いたときはゲロゲロ。
(本当は船に弱かったことを思い出しました。)
一本目は私だけパス。
ところがこの1本目はギンガメの真ん中にエントリーでずっとギンガメとともにいたそうです。(ロウニンも)
2本目は地元のボートがいるということで、ギンガメからすこし離れた所からエントリー
エントリー後、移動するもなかなか会えず、蓮尾さんは1本目無理をしても私を入れれば良かったと後悔がよぎったそうです。
エントリー後30分ほど経ったころ「いた!」やっとあえて蓮尾さんもほっとしたそうです。
10分ほどのご対面でしたが30mを超える透明度の青い海に個体の大きな何千匹と思われる大群は思った以上の光景でした。
3本目はギンガメには会えませんでしたが、始めての粟国は他の沖縄とは一味違ったものでした。
昼食のため入港した
粟国港上陸
遠くに見えるのが連絡船
右が私たちのダイビングボート
私たちが休憩中、きれいな海で
将来のガイドは特訓

他は本島砂辺、真栄田岬、慶良間とマクロ撮影を楽しんできました。


以下は2010年食事以外2006年の情報です。

3.果物
初日国際通りの市場でアテモヤ、パパイヤを買ってダイビング後、美味しく頂きました。
また
今回お付き合いいただいた主人の知人の奥様のお兄様の農園に案内いただき、スターフルーツ、アテモヤ、ドラゴンフルーツを頂きました。
沖縄の農業大学の先生を退職されて、品種改良しながら果物の栽培をされているそうです。
そのせいかスターフルーツも酸味が少なく、美味しいお味でした。

ドラゴンフルーツ アテモヤ スターフルーツ
ドラゴンフルーツ アテモヤ スターフルーツ
4.アフターダイブ(食事)、本島ステイは食べ歩きも楽しめます。
1日目 あさとや あさとやのあわもり出発前ネットで調べた国際通り近くの「安里家(あさとや)」へ
沖縄料理のお店です。
沖縄料理のコースを頂きましたが、お味は普通でした。
国際通りまではホテルから地図を見ながら歩いて行きました。

主人はお店のお勧めの首里の泡盛、40度の咲元(5年もの古酒)がお気に入りでした。
右の写真、手前の壺に入っているものです。
2日目 写真はなし コーラルの蓮尾さんのお勧めで、泊港近くの「ぐるくん」へ
川の傍にある船の形をしたお店です。
お店を入ったところに大きないけすがあり、魚が泳いでいます。
お通しはぐるくんの包み焼きでしたが、ぐるくんはから揚げが一番美味しいように思われます。
この日も泡盛&沖縄料理。
日曜日で旅行客が皆帰ってしまったのか、お店はすいていました。
3日目 主人の知人に琉球料理「えなみ」という店に連れて行っていただきました。
(400本のお祝いの乾杯も・・・。)
女性が接客してくれる店で、私にはあまりなじみの無いお店でした。
野球のキャンプ地がある沖縄のこの店には野球関係の有名人がみえることもあるそうです。
お味もおいしかったです。(たぶんお値段も・・。)

この日まで食べていなかった「唐芙蓉(とうふよう)」もいただきました。
「とうふよう」は島豆腐を米麹、紅麹、泡盛によって発酵・熟成させた発酵食品。
独特なお味で、泡盛との相性は抜群、私は大好きですが、これも美味しいものとそうでないものがあります。
「えなみ」のとうふようはとても美味しいお味でした。
4日目 1日目の散歩コースで見つけたお店「京や」に入ってみることにしました。
結果は正解!なかなか美味しい店でした。

お通し
にがなのピーナッツ和え
なかなか美味しい
はんだまの炒め物
私はシャキシャキが好き
 パパイヤチャンプル
お店お勧め
 ジーマミ豆腐
真っ赤な
ドラゴンフルーツが一番
5日目 この日はちょっと沖縄料理にも飽きてきて、空港で回転寿司を。
いろんなお寿司があって結構おいしかったですよ。
左は牛肉のあぶりやきでした。

2010年
雨続きもあって毎日ホテルの近くの沖縄料理だったのですが、
最終日
、沖縄料理にも飽きて首里の高台にあるイタリアの家庭料理「YONA Salute」(ヨナ・サルウテ)に連れて行っていただきました。
とてもおしゃれなおいしいイタリアンでした。
上の道路からお店を見る お店から
下に街が見える
4.沖縄美ら海水族館
 巨大水槽で泳ぎ回る様々な魚たちに圧倒されてきました。
 自然界ではありえない光景です。
 こんな贅沢があって良いのでしょうか?

捕食中のジンベイザメ
凄い水流で一気飲みです。
くらげがきれいに撮れました。 マンタや
ウメイロ他いろんな群れも・・。
ナポレオンも目の前に
 近づいてきます。

上へ