TOP > タイ > タイ・ミャンマークルーズ(e-dive)現地情報(2012年02月)

* Tai Myanmer Cruise *



地図:e-diveHPより

行程

プーケットまではバンコック経由で成田から10時間、時差2時間
空港にはe−deveのスタッフが出迎えてくれて、送迎車にてタプラム港まで約1時間余り、港でクルーズ船、パヌニーヨット号 に乗船。


ダイビング
初日はタイのリチェリューロックで2本、その後北上してミャンマーに入り、2日目から3日間1日4本、最終日は2本、計16本潜って器材洗いを済ませ、ミャンマーの国境の町カントンに上陸、お寺等を見に行きました。



下船後、e-dive事務所近くのカオラックのホテルで休憩、マッサージ、買い物、タイ料理などを楽しみ送迎送迎車にてプーケット空港まで約2時間。

帰りはバンコク経由、機中泊にて成田着7:30
着。
注意!
タイ航空の機内預け荷物の重量は通常は
20キロまで、ちょっと厳しい!(旅行社によってダイバーは30キロまでOKもありとか)



パヌニーヨット号


2010年シミランクルーズで使ったクルーズ船オレンジブルー号より一回り大きいクルーズ船
タイ人所有の船で今回のクルーズにはオーナーも同船、一人で潜って写真を撮っていました。
ベッドは2段ベッドではなく両脇にあって、部屋に水回りがないせいか収納場所は多い。
水回りが共同というのは便利な面も不便な面もあり。
トイレとシャワーが一緒で、トイレはほとんどいつも濡れている状態、トイレだけも欲しい。

e-diveのスタッフは全員日本人、ボートの食事、タイ料理も日本人の口に合うものでした。
この船の客はほとんど日本人、タイ人スタッフも日本語が少しわかるようでした。
おやつも出るし、果物もおかれていて自由に食べることができました。
飲み物は生ビール、缶ビールは有料(酒持ち込みOK)コーヒー、紅茶、ココア、ミルクなどはフリー




DIVING


基本ダイビング本数は1日4本
その後夕食、ログ付け、飲み会となります。

ダイビングはゴムボートから、皆同時にバックロールでエントリー、エグジットはハシゴで・・



海の写真は水中写真ページをご覧ください。




ミャンマー


船に入国審査の人が来て手続き 近くを通る船と物々交換で手に入れた魚 おまけにこんなものも、アカグツ?
カエルアンコウもいた、この後海へ・・
海から見た国境の町カントン
矢印のお寺へ
ミャンマー上陸 手前が港
寺院、生まれた曜日の神様にお参りをする お参りにきた親子
花(生花で作ってある)は入り口で売っている
ここは裸足
こうしてお祈りを・・
雑貨屋(おみやげもの屋?)
スーチーさんTシャツもあった
タイ・バーツが使える
ミャンマーのサイドカー?
手作り?良く考えるネ
竹製ボールの蹴鞠?