TOP > モルディブ > 現地情報(2005年3月)

*Maldives*

モルディブはインドの南西スリランカの西に位置し、小さな島々より構成されています。
首都はHulhule島にあるマーレ、ここに国際空港があり成田からも直行便が飛んでいます。
気候は一年中温暖ですが、5月から10月までが雨季11月から4月までが乾季となります。
日本からの時差は4時間となります。

今回(2005年3月)はベストシーズンの南アリにジンベイ狙いで出かけました。
スマトラ沖の津波の影響が心配されましたが、ここでは20cmほど海面上昇はあったそうですが、目だった被害はなかったようです。
モルジブの地図


Sun Island Resort
私たちが滞在したのはマーレからボートで2時間30分サンアイランドリソート
島全体が1つのリゾート、5つ星の立派な広いリゾート。(3日目からはレンタサイクルを借りました。)
サンアイランドリソートは2001年に行ったパラダイスアイランドと同じ系列のリゾートで桟橋の位置や水上コテージなどの設計も同様でした。
部屋前のビーチから見た朝焼け 水上コテージへ レストランに行く途中、
ブーゲンビリアのアーチ
フロントと水上コテージを結ぶ
サイドの道
水上コテージレストランからの
サンセット
こんな鳥が飛んでいました。

モルディブのダイビング

モルディブのダイビングスタイルは基本的には午前ボート1本、島に帰ってきてレストランで食事をしてさらに午後ボートで1本。
2本×5日間=10本の予定でしたが、津波の影響で一日減ったので2本×1日+3本×3日間=11本でした。
中にはナイトをもう1本の人も・・。
一日3本のときは午前2本、午後1本、とても忙しい毎日でした。

モルディブでは環境保護のため、グローブの着用は禁止されています。
流れの激しいポイントではけが人続出でした。
カレントフックがあった方が良かったかもしれません。


水温は28、29度くらい、透明度は乾季の終わりで10〜40mとてもきれいでした
ポイントも変化に富んでいて、ダイナミックあり、癒し系ありで楽しめました
シュノーケルではありましたがジンベイにも遭えたしネ。


スリランカ
今回航空便の関係でスリランカにも立ち寄ってきました。(津波の影響で便数が減ったため)
コロンボに買い物に行った帰りお寺に寄りましたがお寺の名前が分かりません。
インターネットで調べようとしましたが、スリランカにはお寺がたくさんあって、あまり有名ではないのか調べられませんでした。
日本のお寺とは少し趣が違います。
下を出しているのはなぜでしょう
各国の仏像があるとか? 入り口左側に:微妙に違う 入り口右側にありました