TOP > マレーシア(マブール・カパライ・シパダン) > 現地情報(マブール):2004年4月


* Mabul Island  *

地図
ボルネオ島北部のこの地方はSABAH(サバ)州といいます。シパダン(赤)・マブール(黄)・カパライ島(緑)は地図の右下、インドネシアとの国境近くに位置します。
成田からは国際線でコタキナバル(左:ここで1泊)、国内線でコタキナバルからタワウ約45分、タワウの空港から港まで陸路を2時間30分、さらに船でマブール島へ。
日本との時差は1時間です。


下の写真はコタキナバルを離陸後まもなく見えたキナバル山、この山に上る日本人も多いようです。コタキナバル山


SWV(シパダンウォータービレッジ)及びマブール島

ホテル桟橋 島のお店
早朝、SWVの私たちの宿泊した水上コテージからボートの着く桟橋を見ると、桟橋にボートが着いてもう1日が動き出していました。 一方、ホテルから桟橋でつながっているマブール島では高床式の住まいがあり、昔ながらの生活が?あるようでした。
こんなお店があることは変わった部分だと思いますが・・。
ぶらさがっているのはサメの歯とカブトガニ、お土産でしょう。


DIVING
ダイビングセンター シパダン島
SWVに併設されたマブールのダイビングセンター
ここからダイビングボートが出ます。
シパダンの桟橋から。(1本目と2本目の間の休憩場所)
薄いブルーがビーチ、深いブルーはドロップオフ。
桟橋下には大きなナポレオンやギンガメアジの群れが・・。
マブールのダイビングはボート3本が基本通常は2本シパダン、1本はマブールまたはカパライ)。
その他タンクを借りて無制限ダイビングができます。
マブール・カパライはマクロ、シパダンはワイドと両方とも楽しめます。
私は着いた日に2本、翌日から4本×3日と14本潜りました。
ポイントは変化に富んでいて、生物も豊富なので飽きることはありません。

浅いポイントは1時間近く潜り、毎日ダイビングとログ付けに明け暮れるという毎日でした。(窒素のためか思考が鈍くなってくる。)
ガイドは良いか悪いか、固定でなく、毎日変わります。
たくさん潜れるので、デジカメの方はメディアや電池が切れないようにご注意!
かくいう私も電池切れでニシキテグリの良い写真が撮れませんでした。


新月は放精ラッシュ

以下のヒトデやナマコや貝からもシューシューと・・・。普段見慣れない姿のナマコやヒトデにビックリ!
これから1時間後に産卵があって、受精するのだそうです。
別なものに受精してハーフなんて出来たりしないのかしら?不思議!

ヒトデの放精 ナマコの放精
ヒトデの放精シーン。
足?のところに白いものが付着しているのが見える?
ナマコの放精シーン。
上部の後頭部のようなところに穴があって精子を放出していました。