TOP > インドネシア> レンベ 現地情報(2010年09月)

* Lembeh *


★行程
全行程10日間。
レンベまではシンガポール、メナドを経由
して入ります。
成田からシンガポール(チャンギ空港)まで飛行機で約7時間、さらにシンガポールからメナドまで約3時間半のフライト。
メナドでインドネシアのビザを取得(US$25)

メナドの空港にはレンベリゾートのスタッフが出迎えてくれて、送迎車にて約2時間レンベリゾートへ、時差1時間。
(成田発11:45、シンガポール着17:40、シンガポール空港のトランジットホテルにて宿泊、翌朝9:25発、リゾートには13:05着)

帰路
メナド発13:50、シンガポール着17:05着
シンガポール空港内トランジットラウンジで休憩(予約1,500円)
23:45発、翌朝7:50成田着

2010年11月から羽田からシンガポール行きが就航されるとのことです。

★ダイビング
到着翌日から
基本1日3ダイブ×6日
サンセット、ナイトはオプション

★その他
ベストシーズンは乾期の8、9、10月
部屋には蚊取り線香があるが、虫よけ対策が必要


シンガポール航空の機内預け荷物の重量はダイバーは
30キロまでなので余裕があります。(ダイバーの事前届け出が必要)

旅行社はユーツアーズを利用しました。HPはこちら



LembehResort

レンベ島の小さな入り江にあるリゾート。
平地部分は少なく、宿泊施設は高台にある、眺めは良いが、急階段はすこし大変

シュワレシ島からレンベ島へ レンベリゾート 雨上がりの虹
シュワレシ島からレンベ島へ レンベリゾート 雨上がりの虹
手前はプール
夕焼け 夕食 ベッド
部屋からの夕焼け 夕食 就寝は蚊帳の中で
お姫様のよう




DIVING

左シュワレシ島、右レンベ島
間のレンベ海峡で潜ります
ブリーフィング中のアンディ
日本語で・・


基本ダイビング本数は1日3本
午前2本、昼食後1本
ポイントが近いので1本づつ帰って休憩します。
ボートには器材のほかはなにも持っていく必要はありません。
ボート上でダイビングの前は水のサービス、後はフルーツのサービスがあります。
(メッシュバックは部屋への器材持ち運びに必要)

サンセット、ナイトダイビングはオプションです。
サンセットではニシキテグリを楽しみました。
こんなにたくさんのニシキテグリを見たのは初めてです。
個体数も多いし大きい、ペアリングもたくさん見られました。
ナイト
ではバッビトウォームという珍しい生物を観察できました。

日本人ガイドはいませんが、アンディという日本語の分かるスタッフがいます
アンディは池袋での4月のダイビングフェアにはいつも来ているそうです。
少人数制のガイド、今回は常連のYさんもガイドに加わって本当に贅沢ダイビングでした。

カメラ派に優しい充電もできるカメラ施設も整っている


海の写真は水中写真ページをご覧ください。