TOP > メキシコ  >ラパス 現地情報(2014年09月〜10月)

* La Paz *


★行程
全行程9日間。

往路
ラパスまでメキシコシティを経由して入りました。(アエロメヒコ航空)
成田発13:25、日付変更線を超えてメキシコシティ着14:35、待ち時間約7時間、
メキシコシティ発21:48、ラパス着21:48。
ラパスからクルーズ船まで送迎車で約30分、やっと着きますが、日付は変わっていません。

帰路
ラパス発17:28、メキシコシティ着20:38着
メキシコシティ発23:05、日付変更線を経て翌々朝6:45成田着

★ダイビング
母船バレンティーナ号からゴムボートに乗り換えてポイントに移動してダイビング
到着翌日から 基本1日3ダイブ×5日(中間は4ダイブ)
ナイトモブラあり
最終日希望者はジンベイスイム


★その他
下船後、ホテルへ、夜ラパスにてタコスパーティ、
翌日、ラパスの町で昼食、買い物


アエロメヒコ航空の機内預け荷物の重量は
23キロ×2まで、帰り2つ分合算可でした。

旅行社はクラブツーリズムを利用しました。HPはこちら



バレンティーナ号

一番から「Sun Deck」、「Uper Deck」(サロンがある)、「Main Deck」(キャビン、ダイビングデッキ)


バレンティーナ号
バレンティーナ号 サロン&バー ダイビングデッキ
サンデッキでディナーパーティ ダイビングボート ボートでサボテンの無人島へ
ボートでコロニー見学 アシカのコロニー:ロスイスロテス もうすぐ下船です






DIVING


ラパスのあるコステル湾は塩分濃度が高くてウェイトは少し重め、
ナイトロックスもあり、身体への負担を考えてナイトロックスで潜りました。

基本ダイビング本数は1日3〜4本
早朝1本、朝食後1本、昼食後1本、(おやつのあとまた1本)

ポイントへはゴムボート、エントリーは全員一緒にバックロール、
ボートへは器材を外してハシゴを使ったので楽チンでした。

海は数十年に一度のハリケーンのあとで影響はあったようでしたが
どのポイントに潜ってもどこからかアシカが現れる他にはない海でした。
サンゴは少なく、イソギンチャクやクマノミがいないのも特徴でした。

夜のモブラも初めて、光に集まるプランクトンを捕食しに来るモブラたちが
速い動きでぶつかってきました。

ハンマーヘッドはたくさんいたようですが、ちょっと深い
神子元で見たハンマーリバーには及びませんでした。残念!



海の写真は水中写真ページをご覧ください。






下船後


スーパーマーケットで買い物 タコスパーティのレストラン タコス料理
ストローで飲む変な巨大カクテル
マルガリータ:タコスパーティにて
海に面したランチレストラン
とっても迫力ある音楽でした
海鮮料理が新鮮で美味しかった!
ラパスの海に面した通り