TOP > マレーシア(マブール・カパライ・シパダン) > 現地情報(カパライ):2008、9年12月


* Kapalai *

地図
ボルネオ島北部のこの地方はSABAH(サバ)州といいます。シパダン(赤)・マブール(黄)・カパライ島(緑)は地図の右下、インドネシアとの国境近くに位置します。


 左地図の右下部分拡大
 シパダンにはホテルはありませんが
 シパダン島にはカパライからが一番近い

           上地図:ジスコ・ボルネオ社
         (http://www.borneotravel.co.jp) 


 成田からは国際線でコタキナバル(左:ここで1泊)、国内線でコタキナバルからタワウ約45分、タワウの空港から港まで陸路を2時間30分、さらに船でマブール島へ。
 日本との時差は1時間です。


 右の写真はコタキナバルを離陸後まもなく見えたキナバル山、
 この山に上る日本人も多いようです。

 マレーシア航空、機内預け荷物の重量は20キロ、23キロくらいなら超過料金を払っても良いと思い23キロでまとめましたが、もっと重くても大丈夫なようでした。(’08)
’09 荷物預けのときにダイバーといえば30キロまでOKでした。
コタキナバル山


Kapalai Dive Resort

カパライリゾートは陸のないリゾート水上コテージのみのリゾートですが、
かなり広くて全部をまわるのは大変

リゾート正面 昼のリゾート リゾートからの夕景
向こうに見えるのが
ダイビングセンター
夜のリゾート ホテル内レストラン
バナナはご自由に!


DIVING

ダイビングはカパライ、シパダン、マブール、シアミル島のまわりで潜り、
シパダンでは早朝のバッファロー、ギンガメの群れ、バラクーダポイントでは潜るたびにバラクーダと期待以上のダイビングでした。
シパダン以外は豊富なマクロ生物と、それぞれ変化に富んだダイビングが楽しめました。

シパダンの日は4本、そのほかは3本が基本ですが、
カパライホテル前ではバディがいれば、タンクを借りて自由に潜ることができます
チェックダイブのとき見た沈船にいたニシキフウライウオを探しに行きましたが
ガイドなしでは見つけられませんでした。
ガイドをお願いして再度潜りましたが、さすがガイド4個体も見つけてくれました。
ついでにニシキテグリもお願いして・・。

シパダンは入島制限があり、カパライからは1日20名。(それぞれリゾートの規模によって決められている)
私たちはクリスマス前の比較的空いている時期だったこともあり、一日おきに通うことができました。(’08 7泊)
入島が許された日は早朝から(カパライを5時半出港)4本潜ることができます。
入島制限、ホテルの撤去効果は特にバッファロー、バラクーダのトルネードに顕著でした。

’09年14日から5泊、昨年同様カパライに宿泊しました。
着いた当日の午後からシパダンに行くことができ、ラッキーと思いきや
このほか1日しか行くことができませんでした。
幸いなことには行くことができた日がとても良い日だったということです。
穏やかな海で昼のバッファローの行進に会えたことは初めての経験でした

カパライ、ダイビングセンターより出港 定員10名ほどのダイビングボート
撮影:清原さん
カパライホテル前には
チョウチョウコショウダイ、アカヒメジの群れ
’08 シパダン島桟橋
左、以前ホテルがあった場所で入島手続き
’08 シパダン桟橋の先端には見張りが・・
早朝は寝てたみたい。
’08 シパダン桟橋下に逃げ込んだドラゴン
’09 シパダン島 ’09 シパダン島桟橋
リニュアルされていました。
’09 シパダンでの撮影風景
撮影:金井さん
(600本になりました)

水中写真は水中写真ページ