TOP < 沖縄 < 石垣


2006年7月(2〜6日) 石垣ダイビング


石垣直行便は朝が早いため、那覇経由で石垣に着きました。(ANA羽田発8:05 石垣着12:35)
石垣から川平リゾート・空港線フリーチケット5日間1,000円を購入してシーマンズクラブへ行くことに決定。
タッチの差でバスに乗れず次は4:15発、特に予定もないので市場近くで3時間ほど時間つぶし・・。

市場のマンゴとパッションフルーツ 市場のパイナップル シーサー
左:完熟マンゴ、2000円するものも
右:パッションフルーツ 200、300円
パイナップル:1000円くらい 笑っている可愛いシーサー
写真撮影だけでゴメンネ。
バナナカフェ ギネスビール もだま
疲れたので市場近くのBananaCafe
ここでは三線(さんしん)を教えてくれる。
1時間で演奏できるようになるとか・・。
BananaCafeにて、クリーミーな泡の
ギネスビールでのどを潤す。おつまみは
チーズ盛合わせ、ノルエークラッカー添
「もだま」ってこんな大きな豆だったん
ですね。アクセサリーもお店の中に
売っていました。


シーマンズクラブはバスの終点で、着いたのは6時近く・・?

◎宿泊
宿泊はマンタポイントに近い川平シーマンズホテル

シーマンズホテル窓から シーマンズホテル ハイビスカス
ホテルの部屋の窓から・・(本館) ホテル入り口(ここは新館) ホテルのハイビスカス
シーマンズホテル、レストラン 泡盛 マングローブ
ホテルレストラン:朝夕皆勤賞でした。 泡盛で乾杯! ホテル近くのマングローブ水路


◎ホテル前:底地(くすじ)ビーチの夕焼け

 この季節夕日が沈むのは19:30頃、シーマンズホテル前のビーチはとてもきれいな夕焼けでした。

浜木綿と夕焼け 底地ビーチに沈む夕日 夕日に染まる河口
浜辺の浜木綿を入れてみました。 もうすぐ日が落ちます。 マングローブの水路から流れる川にも
夕映えの空と雲が映って・・。
浜昼顔と夕日に染まる雲 真っ赤に染まる空と海 夕日の中の二人
日が沈んだ後、海岸の雲も色づいて
手前は浜昼顔
日没後しばらくすると最高に染まる
沖に見えるのはシーマンズのダイビング
ボート
夕日の中の二人



◎ダイビング

ダイビングはホテル併設ショップ、ホテルに宿泊の場合はダイビング料金は一割引でした。
ボートは大きくて、デッキや快適なトイレ付、ダイビングもしやすくて最高でした。
お昼のお弁当もサラダやスープまで付いて日替わりメニュー、とても美味しかったです。

浮桟橋
底地ビーチにある浮桟橋
ここから小型ボートで沖のダイビング
ボートまで移動。
ダイビングボート2F前から ボート中から後ろを見る
後ろは水中3段まで階段で楽ちん
ボート脇からジャイアントも可

3日間×3本のダイビングを楽しみました。
出発直前に台風3号が発生し心配しましたが、ほとんど影響もなく3日間のダイビングを終了しました。
石崎マンタスクランブルへは毎日通いましたが、1勝2敗
初日から4枚(正しくは4回)マンタに会えたので毎日会えるのではと期待しましたが、残念ながらそう上手くはいきませんでした。
マンタが頭上に来たとき、息を止めることを意識していたのに、頭上とはいかず残念!
出会えた事をラッキーと思うことにしましょう。