TOP > フィリピン(アニラオ) > 現地情報(2006年4月)

*Philippines*

フィリピン、マニラまでは成田から約4時間、時差は1時間花
アニラオへはマニラ空港より陸路を約3時間
海辺の田舎町です。

海の中は生物の種類も数も豊富でした。
大潮ということで流れが速く入れないポイントもあり、ギンガメやバラクーダのような群れには遭えませんでしたが、ソフトコーラル、ハードコーラルも美しく良いダイビングができました
首都圏から伊豆にダイビングに出かけるようにマニラからも日帰り可能な場所です。
リゾートは民宿クラス、別荘として建てられたものを借りているとか・・。
スタッフはとても親切でした。

帰りは飛行機(機体整備)の都合で帰国が1日送れ、マニラに1泊することになってしまいました。
1週間前の連絡ということで費用は自分持ち。
さらに当日も整備のため1時間半も暑い機内で待たされることに・・・。
無事帰国できたのは幸いですが、サービス体制に不満あり。

日本のお盆にあたるようなホーリーウイークに当たってしまい、飛行機は満席に近い状態でした。
乗客は男性は日本人、女性はフィリピン人が多く、お土産をたくさん持って帰る様子が印象的でした。
日本からのお土産はインスタントラーメンが人気だとか・・。
マニラ行きはダイバーはあまりいませんでした。
注意!
フィリピン航空は機内預けの荷物の重量、20キロを超えると片道1キロあたり1,700円
請求されます。
1年間8,000円のスポーツプラスに加入すると別梱包で20キロ超過OKです。
今回は重量の心配のないようにスポースプラスに加入しました。
私の荷物は行き27キロ、帰りはお土産を追加した分重くなって30キロ。
25キロ以内の人は追加料金は取られませんでした。



サンビームリゾート(SunBeamResort)
アニラオクラブハウス:http://www.anilaodivers.com/
リゾート前ビーチの夕日 入り江のビーチで遊ぶ子供たち
リゾート前ビーチの夕日 入り江のビーチで遊ぶ子供たち
リゾート入り口 ダイビングボートにて
リゾート入り口 ダイビングボートにて    写真提供:麗子さん




マニラ

マニラは少し怖いところなので車を借りて移動し、マニラに詳しい落合さんの案内でマニラ人スタッフ同行で行動。
お昼は日本食(ねもとレストラン) 夜はショーを見ながらお食事。(なんというレストランだったのでしょうか?)
その後マニラ湾沿いを散歩、マニラ湾沿いにはホーリーウイークだったせいか様々な音楽バンドが音楽を演奏し、
仮設テーブルではたくさんの観客が飲み物を飲みながら好みのバンドの音楽を楽しんでいました。
民族衣装を着たバンブーダンス レストランのショー、その2
マニラで連れて行ってもらったレストランのショー、その1
民族衣装を着たバンブーダンス
レストランのショー、その2
市内の乗り合いバス バナナの花、右はカラマンシー
市内の乗り合いバス マニラ市内のマーケット        写真提供:麗子さん
バナナの花、右はカラマンシー(沖縄のシークワーサーのよう)




果物&デザート

食したのはマンゴ、ドリアン、ジャックフルーツ、スターアップル、パパイヤ、パイナップル、スイカ
一番はなんといってもマンゴフレッシュマンゴジュースは最高!
写真を撮らなかったのは残念でした。


ハロハロ
最近人気のデザートハロハロタガログ語で「ごちゃまぜ」という意味でカキ氷にいろんなものが乗っている。
アイスクリーム、フルーツ、小豆、ゼリー、タピオカ、ナタデココ。

フィリピンの人たちは甘いもの好き、皆大きなどんぶりクラスのものを平らげていました。
ハーフサイズやお持ち帰りもあり、私たちは当然ハーフサイズ。
あまり甘すぎず日本人の口にもあうお味でした。