TOP > キューバ情報(2009年04月)

 Cuba  

☆キューバについてキューバ マップ
キューバはアメリカのフロリダ半島の南、メキシコの東に位置し、首都ハバナ
日本の約3分の1の大きさ、人口は1200万人、公用語はスペイン語
気候は5月から10月までが雨季11月から4月までが乾季熱帯性だが、熱帯暴風圏のため微風があって過ごしやすい。

2009年は革命50周年共産国だから教育は無料。働いている人は国家公務員サービスという精神はない
ハバナ大学卒業で日本に留学経験のあるガイドのホセさんだけがサービス精神の持ち主でした。
チップ制度があり、観光でやっていくにはもうすこしサービス精神がほしいところです。

国民性は音楽やダンスを楽しむラテン系、同じ共産圏でも北朝鮮とはかなり違う印象。
旧市街地にある革命前のスペイン統治時代の建物革命広場が観光の目玉となっている。
また、 ヘミングウェイが愛した土地で、ゆかりの場所が観光コースに入っている。
特産のサトウキビで作ったラム酒、葉巻、コーヒーがお土産となる。
日本から最初に行ったのは伊達政宗から任を受けた支倉常長で銅像がありました。

☆行程
キューバへはアメリカと国交がないのでカナダ経由かメキシコ経由となる。(私たちはカナダのトロント経由
成田からカナダ、トロントまでは約12時間、トロントからハバナまでは3時間半、ハバナから西の果てのリゾート、マリアラゴルダまでバスで5時間の長旅

昼過ぎに家を出て、カナダに1泊して、リゾートについたのは翌日暗くなってからでした。
9日間で実質ダイビング2日、観光2日、あとは移動でしたが、バス移動はいろいろな光景を見ることができました。

現地の人はバスに乗った人もいましたが、ヒッチハイクの人が多いのにはびっくり!
乗せてもらう車もいろいろです。
特にトラックの荷台に山と乗っている人を見たのは驚きです。
ヒッチハイクもバス料金と同じ1ペソ、お金を見せて乗せてもらうのだそうです。
タクシーも乗合で、高いガソリン代を払っても運転手はとても稼ぎ、医者より金持ちということでした。

ハバナからリゾートのある西までバスで移動しましたが、ハバナから離れるに従って貧しい印象でした。
畑の耕作物や牛や馬のやせた状態からもそんな印象を受けました。

☆荷物
機内預け荷物の重量23キロ2つまでOKでしたが23キロについてはとても厳しいものでした。

☆目的
革命50周年のキューバ観光、ダイビング、音楽(ショー)、ヘミングウェイの面影を楽しんでこようというのが目的でした。


ハバナ観光

革命広場から見たお役所 モロ要塞 カピトリオ(旧国会議事堂)
革命広場から見たお役所
ゲバラが夜はライトアップされるらしい
モロ要塞 カピトリオ(旧国会議事堂)
キャバレー・トロピカーナ カテドラル広場にある教会 ヘミングウェイの愛した店ラ・テラサ
キャバレー・トロピカーナ
大がかりな屋外ステージ
全体はこの3倍ほどの広さ
70年の歴史があり、楽しませてくれる
カテドラル広場にある教会
宗教は許されているようだ
海辺の町コヒマルにある
ヘミングウェイの愛した店ラ・テラサ
彼の座ったテーブルで食事
ヘミングウェイ博物館 ヘミングウェイの使っていたタイプライター ヘミングウェイの船
ヘミングウェイ博物館
彼の邸宅が博物館になっている
庭も含めとても広かった 撮影木村さん
ヘミングウェイの使っていたタイプライター
座ることに不自由のあった彼は立って
タイプライターを使っていた 撮影:木村さん
ヘミングウェイの庭にあった
彼が使っていた船。
木製の立派な船   撮影:木村さん

ほかに葉巻工場見学も見学しました。



街や乗り物


プラザホテル ホテルのインターネットコーナー ハバナ市内繁華街のストリート
宿泊ホテル:プラザホテル★★★★
100年も続く歴史あるホテル
古いだけに設備も古い
サービスが良ければ許されるが
さすが共産圏、サービス精神はない。
ホテルのインターネットコーナー
一般の家庭とかはメール利用のみで
インターネット閲覧はできない
ハバナ市内繁華街のストリート
キューバのビールとカクテル クラシックカー クラシックカー
ヘミングウェイの通った有名レストランで
キューバのビールと
ミントの入ったカクテル(モヒート)
もちろんキューバのラムベース
現役クラシックカー 街で見かけた
クラシックカー
クラシックカー 国営バス 黄色はタクシー
ちょっと失礼・・ 町を行く国営バス 新旧いろいろな車が走っている
黄色はタクシー
ヒッチハイク(有料)した人たちでいっぱいのトラック ヒッチハイクしたと思われる人たちを乗せた幌馬車 クラシックカー
ヒッチハイク(有料)した人たちで
いっぱいのトラック
ヒッチハイクしたと思われる人たちを
乗せて走る幌馬車
町をゆくクラシックカー
ページトップへ



リゾート:マリア・ラ・ゴルダ

ハバナから約5時間、途中トイレ休憩を入れながらはるばるやってきました。
途中波の高い海を見た時はどうしようかと思いましたが、リゾートは湾内にあるため静かでした。
ホテル、フロントのある入口 ビーチから桟橋方面を臨む ビーチ夕景
ホテル、フロントのある入口 ビーチから桟橋方面を臨む ビーチ夕景
海側からダイバー用レストランを臨む 丸い葉の植物 ダンスタイム
海側からダイバー用レストランを臨む リゾートに目立った
丸い葉の植物
土曜の夜の
ダンスタイム


ダイビング&水中写真

キューバの海は初めてでしたが、カリブ海なので以前行ったメキシコ、コスメルの海に似ていました。
ダイビングはポイントまで比較的近いので一本づつ帰ってきます。
今回は2日間で、写真もサブカメラのコンデジ使用なので水中はいまひとつでした。
ガイドもいまひとつかな・・。
ダイビングマップ
赤い筒状海綿 海綿 黄色い筒状海綿
水中では黒く見える海綿?も
フラッシュをたくとこんな色
いろいろな形状の海綿 筒状海綿?の上にゴビーがいて・・
フレンチエンジェルフィッシュ ヒダヒダサンゴ 海を透かして
フレンチエンジェルフィッシュ ヒダヒダのサンゴ
ハゼもいるのよ
むこうの海は碧い!
ケーブをくぐって ナースシャーク 巨大ウツボ
ケープをくぐる場面が
結構ありました。
穴の中に
ナースシャークがいました。
シャークがいた穴の中に
巨大ウツボがいて不気味でした。
バラクーダ ジャックナイフフィッシュ ソウシハギ
バラクーダ
カリブのバラクーダは群れていないのです。
ジャックナイフフィッシュ ソウシハギ


ページトップへ