TOP > タイ > シミランクルーズ(e-dive)現地情報(2010年02月)

* Tai Similan Cruise *



地図:e-diveHPより

行程

プーケットまでは成田から8時間、時差2時間
空港にはe−deveのスタッフが出迎えてくれて、送迎車にてタプラム港まで約1時間余り、港でクルーズ船、OrangeBlue号 に乗船。
(成田発9:45、集合7:45のため家を5時過ぎにでて乗船は22:00)

ダイビング
クルーズ船4泊、3日間4本、最終日は1本で昼食後下船

下船後、e-dive事務所近くのカオラック、アンダブリホテル(1泊)まで送迎、買い物、タイ料理などを楽しみました。

翌日、ゆっくりマッサージなどを楽しみ、午後3時送迎車にてプーケット空港まで約2時間。

帰りはバンコク経由、機中泊にて成田着6:15
着。
注意!
タイ航空の機内預け荷物の重量は通常は
20キロまでですが、ダイビング器材は事前に申請すれば30KまでOKでした。



OrangeBlue号

今まで乗船したボートの中で一番小さなボート(旅客定員20名)だったので、乗り心地に不安がありましたが
船室は狭いもののいろいろ工夫されていてさほど不便は感じませんでした。(乗客18名)
(カメラのセッティングはリビングにて)

e-diveのスタッフは全員日本人、ボートの食事、タイ料理も日本人の口に合うものでした。
中には凄く辛い物もありましたが、スープなども美味しく、持参したふりかけやインスタントスープも使う場面がありませんでした。
飲み物はお酒は有料(持ち込みOK)でしたが冷蔵庫の中のジュース類、アイスクリームは無料で自由でした。

シャワーの水も海水浄化装置を積んでいて、出が悪いということはありませんでした。
スタッフもボート上及び下船してからも帰途に着くまで、とてもお世話になりました。

海上から見たオレンジブルー ダイニング ダイニングからブリーフィングスペースを見る
海上から見たオレンジブルー号 ダイニング ダイニングから
ブリーフィングスペースを見る
朝やけ 上陸した島のビーチ 上陸した島のビーチにて
朝やけ 上陸した島のビーチ 上陸した島のビーチにて



DIVING

基本ダイビング本数は1日4本早朝といっても7時からブリーフィング、1本目を潜り
朝食後1本、昼食後1本、おやつ後1本、合計4本
その後夕食、ログ付け、飲み会となります。

2日目にナイトも設定されていましたが、
久しぶりに夜光虫で遊んだり、コクテンフグの可愛い寝姿タカサゴの夜の姿など
いろんな魚が楽しめました

ダイビングのエントリー、エクジットが母船からできることも利点のように思われました。

海の写真は水中写真ページをご覧ください。




カオラック

下船してホテルに、翌日もお迎えの3時までゆっくりとした時間。
昼に出歩くのは暑いので、マッサージなどでのんびりと・・。

アンダブリホテル入口 ベッド ホテルのレストラン
アンダブリホテル入口 タイ風に装飾されたベッド ホテルレストラン
朝食フルーツコーナー
e-dive 屋台っぽいレストラン タクシー
ホテル前、e-diveの入った建物
左から2つ目がe-dive
並びにマッサージ店もある
夕食はタイ料理
e-diveスタッフお勧めの店
飲んで食べて500バーツ(1500円)
タクシー
トラックの後ろに乗ります。