TOP > 紅海 > 現地情報(2008年06〜07月)

 エジプト・RedSea  

☆行程
エジプトのカイロへはエジプト航空を利用し、成田から直行便で、行きは14時間、帰りは12時間時差は―6時間です。
イスラムの国とあって機内ではお酒のサービスはありませんが、持込OKとのことで飛行機が上昇を終えると我がグループは酒盛りが始まり、私もその恩恵にあずかりましたが、長い旅なので楽しく飲みながら行くのが楽しいことが分かりました。
紅海へのリピータは勝手が分かっていて、成田でお酒を仕入れていたのです。

カイロで観光後、国内線でルクソールで観光、さらに国内線でダイビング船の出るシャルムエルシェイクへ・・。
6日間のクルージングを終えて、ベトウィンディナーを楽しみ、国内線で帰途カイロで博物館見学、と盛りだくさんの13日間でした。

☆荷物
機内預け荷物の重量はダイバーは30キロまで手荷物は大きさ制限&重量も5キロまでとあり心配しましたが、カメラ&ハウジングの入った10キロ手荷物が大丈夫でした。

☆観光
行きにカイロでピラミッド、スフィンクス
ルクソールに飛び、ナイル西岸観光(メムノンの巨像、王家の谷、ハトシェプスト女王葬祭殿)、東岸観光(ルクソール神殿、カルナック神殿
クルージング船を下船してからシャルムエルシェイクでエジプトの遊牧民ベトウィンの定住地(最近は定住化して教育を受けさせる方針が進められている)でラクダに乗った後、ベトウィンディナーを楽しみました。
最後にまたカイロ博物館でツタンカーメンのお墓で見つかった品々等を見学、カイロ博物館の中は撮影が許されていないので写真はありませんが、その品々に圧倒されっぱなしでした。

☆クルージング
ハイヤット号
にて6日間18本のダイビングを楽しみました。

☆ハプニング
シャルムエルシェイク
に移動する4日目頃からお腹の調子を悪くする人が続出、よく聞けばエジプトに行く人の7割がお腹をこわすのだそうです。
水はミネラルウォーターしか飲んでいないので、原因は生野菜、途中から生野菜を口にするのは止めにしました。
それにしても17名中、大丈夫だったのは5名、そのうち生野菜を食べていて大丈夫だったのは2人でした。
本当に表彰ものでした。



カイロ
第一ピラミッド 第1ピラミッドから内部への入口 ピラミッド前の町並み
第1ピラミッド 第1ピラミッドから内部への入口 ピラミッド前の町並み
第2ピラミッド 第1、2、3ピラミッド 第1、第2ピラミッドとスフィンクス
第2ピラミッド
上部は当時の大理石が残っている
左から第1、2、3ピラミッド 奥右から第1、第2ピラミッド
手前スフィンクス
第1とスフィンクス カイロ博物館 カイロ博物館のハスの花
第1ピラミッドとスフィンクス カイロ博物館
手前はパピルスとハス
カイロ博物館、ハスの花

第一ピラミッド内部に入るには時間制限があるようで入ることはできませんでした。
第2ピラミッドの内部(ほんの入口)に入りました。(とても暑くて長くはいられません。)
ピラミッド内部、カイロ博物館内部は撮影禁止となっていましたので写真はありません。





ルクソール


ナイル西岸
ツタンカーメンの墓入口 メムノムの巨像 メムノムの巨像
王家の谷
ツタンカーメンの墓入口
王家の谷
?墓入口
メムノムの巨像(右) メムノムの巨像
ハトシェプスト女王葬祭殿 ハトシェプスト女王葬祭殿 ハトシェプスト女王葬祭殿 ハトシェプスト女王葬祭殿
ハトシェプスト女王葬祭殿
この山の反対側が王家の谷
ハトシェプスト女王葬祭殿 ハトシェプスト女王葬祭殿 女王葬祭殿壁の絵

王家の墓の中は撮影禁止のため入口のみの撮影となりました。
墓の入口も盗掘を逃れるため分かりにくくなっています。


ナイル東岸
カルナック神殿入口 カルナック神殿 カルナック神殿
カルナック神殿入口 カルナック神殿
左写真の中央部左
カルナック神殿
入口からさらに進んで・・。
ルクソール神殿入口夕景 ライトアップされたルクソール神殿広場
ルクソール神殿入口夕景
右の塔は時計?と交換、フランスにある
ライトアップされたルクソール神殿広場
左写真の中央部
ライトアップされたルクソール神殿
入口から少し進んだところ。
イスラムの国エジプトのビール
ルクソールのホテル前庭
ナツメヤシと向こうはナイル
イスラムの国エジプトのビール
どの店にもこの2種類のビールが・・。
きれいな模様の鳥がいました。

今回宿泊した Sofitel Karnak Luxor はナイル脇にあり、広い敷地にプールもあって、
一人でうろつくと迷子になりそうな、それなりのホテルでした。





シャルムエルシェイク・ベドウィン(遊牧民)

アカシヤ ラクダに乗りました。
自然に生えている唯一?の植物
アカシヤ、枯れているようでも生きている。
ラクダに乗りました。
写真提供:三吉さん
夕日を受けて長い影が・・。
ラクダの上から撮影。
夕食後のひととき
パンを焼いてくれました。
塩味でビールのおつまみにも好評。
夕食後のひととき 右端がハイアット号のオーナー

ラクダに乗った後、ベドウィンディナーを楽しみました。
エジプトは遊牧民の定住化政策を進め、子供たちにも学校を作り教育を受けさせています。
彼らの収入は観光によるところが多いと思われましたが、
そのせいかラクダを引く子供たちがチップを払ったのにも関わらず、再度チップを要求するのには唖然とさせられました。
日が落ちた後は、他に明かりがないためたくさんの星が星雲まで見られました
こういうときはいつも星の勉強をしてくれば良かったと思われます。





DIVING

ハイアット号にてダイビングクルーズ
6日間、最多20ダイブ(内ナイト2本)私は18本でした。
今回ツアーで500ダイブ達成
しました。


☆ダイビングスタイル
ほとんどのクルーズ船がそうであるように早朝1本、朝食後1本、昼食後1本の3本が基本
ナイトは日が落ちるのを待って潜る。(ナイトは滞在中2本)
ダイビングは母船又はゾディアックに乗り換えてエントリー、拾ってもらうのはゾディアック(ゴムボート)
母船は高いので大変、もうワンステップ下があるとダイビングしやすいと思いました。
ゴムボートも自ら上がるのは大変、自ら上がれる人は半数に満たない。
私もマグロ状態でした。

水温は寒いと聞いてフードベストを持って行きましたが、約26度で3ミリウェットで平気でした。
ただし、寒さは年により、個人により違うと思います。
ウェイトは紅海は塩分濃度がこいということで普段より1キロ増しでした。

ゾディアック ハイアット号から
ダイビングはシナイ半島の先にある
「ラス・モハメッド」エリアが中心
ピックアップはこれらのゾディアック
ゴムボートなので上がるのが大変!
ハイアット号から陸を見る
崖の上にリゾートが見える
ハイアット号から地図と陸地を見る ハイアット号から
透明度の良い海
ハイアット号のガイド:モハメッド(右)に
40歳の記念バースディケーキを贈る


水中写真は水中写真ページをご覧下さい。